踊れ!奏でろ!半分なっ!

Yarım Hava Çalsana(ヤルン ハワ チャルサナ)

スーザン・カルデシの2013年の曲なんだけど、コテコテのロマ曲で全くの新曲って少ないのでなかなか希少です。(だいたいがスタンダードのカバーだったりするので)
カルシラマも非常にわかりやすく、雰囲気的にも聞きやすい。
そしてロマ特有の、歌詞がノリだけで作ってるので、さっぱり意味わからないのも多分に漏れず。そもそもタイトルになってる「Yarım hava(ヤルン ハワ)」が解らない。Yarımは(抽象的なもの)"半分"という意味で、Havaは日本語で言う「空」であり、空気、そら、天気、雰囲気、などの意味をもつ。で、何が半分なのさ?世界が半分なんか?わかる人いたら教えて欲しい。
そして、ロマ曲の歌詞に出てくる常套句がわかりやすい。絶対にあるのが「oynasana(オイナサナ)」「çalsana(チャルサナ)」これは「Let's dace, let's play!」という意味で、踊れ演奏しろ!と煽ってるわけ。
そして、今回の歌詞にはなかったらけどロマ曲は「Yoldan(ヨルダン)」というのもよく聞く。直訳すると「道から」という意味だが、つまりは何かあるたびに外に出て踊るというロマ文化を表してるんでしょう。
まあ、とにかくロマ曲は同じ音階、キー、歌詞を使われてるので、どれを聞いても同じように聞こえるんだけど、それが様式美だと思っています^^

ちなみMVはシンプルだけど結構好き。ひとりのダンサーが踊ってるんだけど、ロマダンスの基礎中の基礎をみせてくれてる。というか、そもそも日本でいう盆踊り的なもので「基本とかそういうのじゃなくて、みんな普通に踊れるでしょ?」という土着的な感じがロマです。(流浪なのに土着ってなんか矛盾してるけど^^;)
https://youtu.be/CnMmGLEPgO4

プレイリスト:青梗菜食べた →Tr.08 Yarım Hava Çalsana

プレイリスト:青梗菜食べた

Spotifyは無料会員でもフル尺聴けますのでお試しください
https://support.spotify.com/jp/article/spotify-free/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。